【海外大卒生が語る】どうして日本人は英語が話せないのか?

英語


突然ですが質問です、「あなたは英語を話せますか?」

多くの人はこの問に「No」と答えるはずです。


ただもしあなたが大学受験で英語をそれなりに勉強していたのであれば、
自分の意志を英語で相手に伝えられるだけのポテンシャルが備わっています。

つまり足りないのは「英語力」じゃなく、「コミュニケーション能力」なのです!


日本人の英語の文法力、単語力は留学生の中でもトップクラス

私たち日本人は英語を小学生の頃から第二カ国語として学んできました。
そして大学受験、TOEIC などで難しい英文法、英単語を何千と覚えた人がたくさんいます。

一方で、外国人の会話や英語ペラペラの日本人を見てると「どんなに勉強しても自分はあんな風に話せない」と英語を学ぶことを諦めたり、話せるだけの語彙力を身につけようとひたすら英単語を増やす人がいます。

ここで言いたいのは、「頑張らなくても英語は話せる」です!

私がカナダの大学で授業を取り始める前、大学が行っている 英語力強化のEAP (English Academic Preparation) すなわち、アカデミック英語準備コースに2ヶ月間参加しました。

そして様々な非英語圏の留学生と同じクラスで英語を使いながら「英語」を勉強した訳ですが、英文法が壊滅的な人、語彙力が乏しい人がたくさんいました。(私がいたのは一番レベルの高いクラスです)

日本人の受験生なら当たり前の「現在完了形」を知らない留学生がたくさんいます。

ただ面白いことに、ほとんどのノンネイティブの留学生達は英語をペラペラ話しているのです!

話すだけなら『Broken English』で十分

英文法が完璧な留学生は非常に稀です。なのでエッセイを書くときなどは大学が提供しているヘルプセンターで添削してもらったり、無料の添削ツール「Grammarly」を使ってなんとかやりくりします。

ここまで言えば分かるでしょうが、非ネイティブは会話の中で文法を間違えますし、ニュアンスの違う言い回しをしたりします。こういった英語を「Broken English」と言います。直訳すると「壊れた英語」です。

ただ Broken English でも会話として成立するし、端から見てると多少間違えがあっても英語が不自由なく話せるのです。

日本人は完璧を求めすぎる

私はたくさんの非英語圏の留学生を見てきましたが、日本人を除いた、ほぼ100%の人が会話での間違えを恐れていません。なぜなら彼らは会話の本質である「自分の意志を伝えること」ができれば、それで良いと思っているからです。

一方で日本人はコミュニケーションを取ること以前に、「間違えたらどうしよう?」とか「人前で恥ずかしい思いをしたくない」など完璧な英語」を求めて話すことを躊躇する人がたくさんいます。

ただお金をもらって英語の通訳をする訳じゃないなら完璧である必要が全くありません。多少ブサイクな表現でも相手も同じ人間なので頑張って話せば理解しようとしてくれます。


一番磨くべきなのは意思を伝える「コミュニケーション能力」なのです。

英語を話すことに躊躇してる人は、イッテQに出演している出川さんの「出川イングリッシュ」を理想にすると良いです。英語が全然話せないのを一切気にせず、あらゆる手で相手に自分の意思を伝えようとする気構えが英語を話す上で一番大切です。

英語を話す機会がない

日本人が英語を話せない理由としてミスを恐れすぎてると述べましたが、根本的な理由は英語を使う機会がないことにあります。英語を話す機会がないから、話すことに自信がもてず消極的になってしまいます。

なので英語を話す機会があったら間違えを恐れずに積極的に話しかけましょう。
またオンライン英会話のサービスを利用して英語を話すことに自信をつけるのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました